CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< クラス:クレリック その6 〜強さの理由〜 | main | システム:ヒーラー その2 〜命の値段〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
システム:ヒーラー その1 〜必要性〜
ハーミット「Clrのついでに、今回はヒーラーについてだ。
   まず、ヒーラーは必須かという問題」
レディ「一般にはいた方がいいけど、必須ってわけじゃないわね。特に楽なクエとか」
ハーミット「能力的に十分だったり立ち回りが上手かったりすれば、負傷が少なくヒーラーが不要になる事もよくあるね。
   特にDDOじゃワンド・POTがいくらでも買えるから、少々の負傷なら回復呪文なしでもやっていける」
レディ「エブリデイマジック万歳ってところかしらね」
ハーミット「ただ、いくらワンド・POTがあっても、きついクエには間に合わないね。
   ワンドは持ち替えの手間があるし、POTは自力で飲まなきゃならない。そしてCDもそれぞれ全種類で共通だね」
レディ「呪文ならCDは個別だから、別の呪文を使う事で連射可能ね」
ハーミット「さらに、アイテムの魔法は種類に上限あるし原則最低レベルだから、大抵は術者より回復料が少ない」
ロボ「ツマリ、ひーらー無シデ被DPSガ高イト、ジリ貧カ」
ハーミット「実際、ソロで削られていくときは地獄だったよ」
ロボ「マアソウイウ回復不能ナトキハ、古ヨリ伝ワル『楽ニナル方法』ヲ」
レディ「諦めて死ねってわけね」
| システム | 00:00 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |