CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< キャラ:ウイングOL、大地に立つ! | main | クエスト:スワーティング・ザ・スレット 〜酒場の地下で見つかった手記〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
キャラ:集結!ウイング5 ハーミット絶対絶命!波頭亭の罠!

※ このブログは08年4月に書き溜めたものです。

昔は船からスタートだったけど。今はいきなりウェーブクレスト・イン(波頭亭)の中から開始。
新入りのあたし(OL)を囲んで、ハーミット・レディ・ニンジャ・ロボによるささやかな歓迎の宴が開かれた。


OL「そういえば、この後のシグモントのミッションってどんななの?」
ハーミット「あれ、よく知らんな。そういや、β以来やってないからな……」
レディ「酒場の地下に、昔、密輸業者の使ってたトンネルがあって、そこでコボルドを倒すのよ」
ロボ「ソウ。奥ノ方ニ沢山イル」
ニンジャ「原則1匹ずつしか出現しないので、落ちついて対処すれば問題ないでゴザルよ」

事件はその直後に起きた。
ハーミット「で、出られん。酒場のドアから出られないぞ」
レディ「あーー、そうか。師匠、やってないんだっけ」
OL「どういうことなの?」
ニンジャ「昔はシグモントのミッションをこなさなくても、酒場を出られたのでゴザル。その代わりにローロードの門が閉まっていたのでゴザル」
ロボ「Mod3辺リカラ、くりあシナイトここから出ラレナクナッタ」
レディ「そんなわけだから、今更だけど、やるしかないわね」
ハーミット「むう、ここまでやらなかったんだ。意地でもやらんぞ」
OL(囁き声で)「無意味に強情ですね」
レディ(同じく囁き声)「ほら、歳とると頑固になるじゃない」
ロボ「デモ師匠、ヤラナイと出ラレナイゾ?」
ハーミット「いいや、ここは一つ『菊花の契』方式で」
レディ「え、古典BL作品がどうしたの? 師匠」
ハーミット「あれをBLって……、まあ間違っとらんが。お前さん腐女子だったのか」
レディ「勿論よ。『ホモの嫌いな女子なんかいません!』それに私だけじゃないよ」
OL「実はあたしも、ソッチの趣味が……」
レディ「実は拙者も、殿方同士の絆とか互いを想う気持ちに、非常に興味があるでゴザル」
ハーミット「待て、ニンジャ。お主も腐女子というか、そもそも女だったのか?」
レディ「あれ? 言ってなかったっけ、私の上の妹。ちなみにOLちゃんが下の妹」
ニンジャが覆面をとって見せる。確かにレディ似の女である。
ハーミット「身内とは聞いてたが、妹だったのかい。というか3人とも腐女子とは……」

ちなみにウイング5中、男はハーミットとロボの二人である。

OL「そういえば、ウイング5に入ってないキャラも女よね。なんで中の人は男なのに、女の方が多いんですか?」
レディ「それはほら、男オタクは女キャラをやりたがるもんだし」
ニンジャ「D&Dリプレイの、ロードス島戦記以来の伝統でゴザル」
ロボ「デ、『菊花ノ契』ガドウ関係アルンダ師匠?」
ハーミット「その中に、こう言う言葉がある。『魂は千里を飛ぶ』とね」
レディ「そっか、デスワープね。私も1Lvの時はよくやったわ。懐かしい」
OL「どういう事なんですか?」
ニンジャ「死ぬと、バインドした酒場に戻るでゴザル。だから頻繁に行く場所そばの酒場にバインドしておけば、事実上の瞬間移動が可能でゴザル」
レディ「1Lvならデスベナはないし、2Lv以降でも酒場内でやればペナはない」
ロボ「昔ハソノ場デ死ヌダケダッタガ、Mod5以降、HPガ残ッテイルト即座ニ酒場ニ戻ル」
ハーミット「最近じゃ、メリディアへ行くのによく利用されているよ。てなわけで『/Death』」
OL「あら、本当に消えちゃった」
レディ「でも師匠って、テレポート使えた筈よね?」
ロボ「ソレハ、ヤッパリたいとるニ偽リナシトイウ事デ」

| キャラ | 00:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック