CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 雑談:危険な植物 その3 〜裏技〜 | main | 雑談:ソーセージ その2 〜変わり種〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
雑談:ソーセージ その1 〜その起源〜
ハーミット「ほら、ハーブ入りソーセージが焼けたよ(串を差し出す)」
助っ人A「お、サンキュ(焼けたソーセージにかぶりつくと、口中に熱々の肉汁が溢れ出す。
   うーん、うめぇ。このかぶりついた時に出る肉汁がいいんだよな。
   ……それにしても、腸に肉を詰めるなんて、誰が考えたんだろうな」
ハーミット「実は、古代……というかむしろ原始時代においては、決して珍しい発想ではないんだ」
レディ「そうなの?」
ハーミット「私らが使ってる水筒があるだろ?」
助っ人A「(手にもって)このなめし革の袋がどうかしたのか?」
ハーミット「これを作るには、皮をなめすだけでなく、縫製技術も必要だ。原始時代にできると思うか?」
レディ「金属の針なんてないから、難しそうね」
ハーミット「そこで、最初から袋状になっているものを使う。具体的に言うとある種の内蔵の皮だ」
助っ人A「胃袋とか?」
ハーミット「まあね。あと、膀胱なんかも使われた。
   モンゴルに”ボルツ”という干し肉があるが、これは牛馬一頭分の肉がその膀胱一杯分に収まるそうだ」
レディ「膀胱一杯分ってことはつまり、膀胱を袋にしていれる訳ね」
助っ人A「よく入るな」
ハーミット「膀胱が大きいせいもあるようだけど、肉を内陸の乾燥した空気で水気も脂気もカラカラに乾かして、解して押し込むんだそうな」
助っ人A「なーるほどな。腸に納めるのも、その延長ってわけか」
ハーミット「そういう事。袋に入ってるから運搬しやすいし、火を通した後も、多分腸の皮の分腐りにくいんじゃないかと思うよ。
| 雑談 | 00:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック