CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
クラス:クレリック その4 〜前衛として〜

ハーミット「バトクレのついでに言うが、STRを高めにすればClrは十分前衛が可能だ」
レディ「BABが3/4なのに?」
OL「7Lvになれば、DPの呪文でBABもSTRもそれなりに上がるわよ」
ニンジャ「元々装甲も厚いでゴザルし、それを自Buffで上昇させる事ができるでゴザルな」
ロボ「前衛ヨリ低イHPモ、きゅあデ補エル」
ハーミット「そればかりか、自前でCC・Debuffも可能だ。
   例えば、サウンドバーストやGコマ、コメットなんかを使えば、多対一の場合でも十分戦える」
レディ「装甲・HPともに紙な私達から見れば、うらやましい限りね」
ハーミット「ただ、あくまでSPがある内での話だ」
ニンジャ「長持ちするBuffならともかく、CC・DebuffについてはSPが無くなれば終わりでゴザルな」
ロボ「トコロデ俺達Wizダッテ、7LvカラWoFトカ使エルカラ、攻撃力ハ上ガルゾ」
OL「結局、高レベル帯なら専業キャスター職は強いって事じゃないの?」
ハーミット「そういう事だ。しかし、私に言わせれば術者自らが前に出て攻撃するのは下策だね。
   自身はBuffやCCといった後方支援を行い、危険な前線は脳筋どもに任せて高みの見物をする。
   これぞ術者の醍醐味!」
ニンジャ「相も変わらず腹黒いでゴザルな」

| システム | 00:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
クラス:クレリック その3 〜得手・不得手〜

OL「いいじゃない。現状助っ人Bさんで間に合ってるんだし。
   それに攻撃は最大の防御で、早めに殲滅させればその分被弾も少ない訳だし」
ハーミット「ま、Clrには回復魔法以外にも得手があるって事だ」
ニンジャ「そうでゴザルな。防具は拙者(Brd+Rgr+Rog)よりも上で、FtrやPalと同等でゴザルな」
レディ「同じ呪文専門職なのに、HPの伸びは私達の倍だし、BABは3/4だし」
ロボ「せーぶモ頑健・意志ノ2ツガ良好ダシ」
レディ「なんたって、呪文は自動習得で苦労しないのは羨ましいわね。
   スク買うのって結構お金かかるし、非売品を入手するのは一苦労だし」
ハーミット「その代わりと言っちゃなんだが、ジャンプ・リトリート等の移動呪文やノックみたいな便利呪文には乏しいみたいだね」
ニンジャ「むう、その程度でゴザルか」
一同、OLへ羨望の眼差し。
ハーミット「まあそんなわけで、Clrが重装甲を活かして前衛の支援として殴りに行くのはよくあることだ。
   問題は、そのまま前衛になって回復魔法を使わないなんてのが珍しくないって事だ」
ニンジャ「成程、長所がいろいろある故の欠点でゴザルか」
レディ「いわゆる、バトクレね」
ロボ「成程、ばとくれカ」
ニンジャ「バトクレでゴザルな」
一同、OLへ嫉妬の籠ったジト目。

| システム | 00:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
クラス:クレリック その2 〜得意分野〜

ハーミット「Clrは信仰呪文のエキスパートだ」
レディ「秘術呪文のエキスパートの私たちとは、ある意味対を為す存在ね」
OL「でもって、ウイング5中唯一のClrがあたし」
ハーミット「そしてClrの信仰呪文は、回復呪文に優れている。
   なんせ、自前詠唱でHPどころか各種Debuff、さらには死すら回復できるからね」
ニンジャ「拙者の持つBrdはせいぜいHPくらいでゴザルからな。
   Clrが一番ヒーラーに向いているのでゴザルな」
ロボ「デモ、OLガ回復サセテルノナンテ、殆ド見タ事ナイゾ。こいつハ主ニ前衛ダロ?」

| システム | 00:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
クラス:クレリック その1 〜話題の理由〜

レディ「師匠! 師匠!(揺さぶる)」
ハーミット(返事が無い。ただの酔っ払いのようだ)
ロボ「ドウシタ?」
レディ「師匠が酔って寝ちゃったのよ」
ロボ「仕方ガ無イダロウ。休ミナンダカラ、少々羽目ヲ外シテモ」
レディ「そんな事言ったって……」
ロボ「今ハ、ぶっでぃずむノくれりっくガ二人来テルワケダシ」
レディ「それって」
ロボ「ソウ、和尚ガつー」
レディ(目眩を起こす)
ハーミット「(起き上って)取りあえず礼を言うよ。一瞬で酔いが醒めた。
   さて、ついでだからクレリックの話題でも振りましょうかね」

| システム | 01:10 | - | trackbacks(0) | pookmark |
クラス:パラディン その6 〜パラメータ〜

レディ「しかし、パラディンもパラメーターの割り振りが大変よね。
   あたしら術者はまず魔法用のINTやWIS・CHAで、次いでCON、残りでその他でしょ?
   でもって、前衛職は基本はSTRとCONでしょ?
   なのに、Palは前衛の為にSTR・CON、魔法の為にWIS、さらに特技の為のCHAも上げなきゃいけないなんて、キツイんじゃないの?」
ハーミット「まあ、兼業的なクラスってのはできる事が多い分、複数の能力が必要になるからね。
   ようは二足のわらじはキツイって事だ。ただWISに関しては、正直切れなくもない。
レディ「自前詠唱を捨てて、呪文はワンド・スクに頼るの?」
ハーミット「いいや、WISをアイテムで補うんだよ。
   どうせ連中が呪文を使えるのは4Lvからだ。マルチなんかにしたらもっと遅くなる。
   魔法に必要なWISは、4Lvで11、8Lv12だから、梟ワンド・POTを使えば、ウォーフォージド以外なら初期値で十分なんだよ」
レディ「なるほどね。SPの方もパワー付アイテムで何とかなるわね」
ハーミット「それでも、CHAにも振らないといけないから、きつくはあるんだけどね。
   あと、この手の呪文能力がBuff依存のキャラには問題があってね」
レディ「どんなの?」
ハーミット「能力値が足りないと、呪文の準備がそもそもできないんだ。だから準備する度にBuffが必要になる。
レディ「ちょっと不便な程度じゃない」
ハーミット「例えば、休憩の神殿を使った直後。うっかり呪文を入れ替えようとすると……」
レディ「Buffが剥がれてるからできないわけね。でもそれならワンドを振れば……」
ハーミット「振ったら行動したわけだから、入れ替えができなくなっちゃうんだ」
ロボ「サテハ、中ノ人ニハソノ経験ガアルナ」
ハーミット「ああ、ソロ中に期待していたBuffが使えなくなって撤退するハメになった」

| システム | 00:00 | - | - | pookmark |
クラス:パラディン その5 〜その特技〜
ハーミット「Palの特技としては、まずオーラ・オブ・グッドが挙げられるね」
レディ「街中でも、Palが近付くとすぐにわかるわね」
ニンジャ「エンハンスで強化しないと数値は大きくならんでゴザルが、ACやSTにボーナスがあるのは有りがたいでゴザルな」
OL「自動的にBuffがかかるってのは便利よね」
ロボ「タダ、接近シナイト効果ガナイカラ、俺達後衛ガ襲ワレタ時ニハ役ニ立タナイノガ難点ダナ」
レディ「まあ、自動で常動なんだから、あまり贅沢は言えないわね」
ハーミット「その他の特技としては、スマイトイビルとレイ・オン・ハンドが挙げられるね」
ニンジャ「確かに強力な攻撃と回復技でゴザルが、使用回数やCDの面で、当てにできるダメージリソースや回復手段とはならないでゴザルな」
OL「無いよりはずっといいんだけどね」
ロボ「れい・おん・はんどハ、俺達うぉーふぉーじどニトッテハ、半減シナイ回復デ喜バシイ」
ハーミット「多分、紙版なら敵味方ともHPが少ないから、攻撃・回復ともにDDOよりは『使える』とは思うよ」
レディ「DDOになってワリを食った特技って事かしらね」
| システム | 00:00 | - | - | pookmark |
クラス:パラディン その4 〜高セーブ〜
何年か前、アスピラントコーナーにて。
ローグトレーナー「そりゃまあ、請われれば教えるけど。
   その何だ。秩序にして善のローグ(悪党)ってのは、いかがなものかと」

ニンジャ「昔のイヴェイジョンは、鎧も重量も関係無かったのでゴザル」
OL「じゃあ、フルプレ着ててもできたんだ」
レディ「それで、昔はRog2混ぜのPalってのがよくいたものよ。
   現在の軽鎧かつ重量制限のある仕様になってから、すっかり居なくなっちゃったけどね」
| システム | 00:00 | - | - | pookmark |
クラス:パラディン その3 〜病気〜
OL「パラディンの病気耐性って、どんな病気にも通用するの?」
ハーミット「一応、ゲーム中の病気には全部適用されるね」
レディ「でも、病気ってのは苦痛・不快感を伴う心身の不調だから、それ以外にもいろいろあるわよ」
ニンジャ「そうでゴザルな。栄養失調による壊血病や脚気、毒物による水俣病や四日市喘息などもあるでゴザル」
ハーミット「そういうのを考えると面倒だな。
   野菜や肉を食わずにパンと水だけで過ごせるってのは、ある意味聖職者にふさわしいけど、栄養失調は違う気がする。
   毒物も、毒耐性じゃないんだから無しだと思う。紙版のネタだけど、Palが病状を示したので、流行病の正体が毒だと判明するシチュエーションてのも面白そうだな」
ロボ「現実ノ病気ニハ、病原体デアル微生物ノ出ス毒素ニヨル中毒症状トイウノモアルンダケドナ」
ハーミット「そこはほれ、魔法のあるファンタジー世界って事で、厳密な科学考証は勘弁してほしいね」
ロボ「トコロデ、アアイウノハ治ラナイノカ?」

パラディン「(剣を振り回してモンスターを薙ぎ払いつつ)わはははは! オレ様最強!」

ハーミット「ああいうビョーキにも、もちろん通用しないんだろうね」
| システム | 00:00 | - | - | pookmark |
クラス:パラディン その2 〜もう一つの耐性〜
シャドウ「アタイが、とある素行の宜しくないご婦人の体調不良について調べた時の事だ」
ロボ「梅毒デモ?」
シャドウ「うん。その通り。しかも密かに流行していた」
ロボ「流行? アレハ粘膜感染ダロ?」
シャドウ「うん。それで調べてみると、長年に渡ってとある人物が広めていた事が解った」
ロボ「長年? ソレナラトックニ発病シテルハズデハ?」
シャドウ「保菌者は、Palだったんだよ。
   DDOでは、アラインメントによる行動制限・指針はないに等しいわけだから、やりたい放題だったみたいだ」
ロボ「発症シナイノハワカルガ、ソレナラジキニ菌ガ死ヌノデハ?」
シャドウ「そいつも『素行がよろしくない』タイプの奴でねしょっちゅう『補給』してたのさ。
   ほら、なんせ連中は人を引きつけるオーラを発してて魅力的だからね」
| システム | 00:00 | - | - | pookmark |
クラス:パラディン その1 〜その耐性〜
ハーミット「パラディンは聖騎士と訳され、FtrにClrが合わさったようなクラスだ。
   とはいっても剣が主で、魔法は二の次なんだけどね」
レディ「通常の信仰魔法以外にも、特殊能力が幾つもあるわね」
ニンジャ「その代わり、秩序にして善しかなれない制限があるのでゴザル」
OL「アラインメントによる行動制限のないDDOじゃ、あまり意味がないんだけどね」
レディ「あと、紙版では別クラスを取るともうPalLvは上げられない」
ニンジャ「あのセーブへのボーナスと、恐怖・病気への完全耐性は、正直うらやましいでゴザルな」
ハーミット「恐怖への完全耐性があるってのは善し悪しだと思うぞ。
   恐怖しないということは、危険性を感じないという事だ。
   だから不用意に危機に足を突っ込んでしまうだろう。
   実際、こういう事例がある」


ロボ「ツマリ、どらごんガ出テキテモ逃ゲズニ特攻シカネナイトイウコトカ」
| システム | 18:13 | - | - | pookmark |
<< | 2/6PAGES | >>