CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
モンスター:スライム その6 〜他ゲー〜

ニンジャ「スライム類は、他のゲームにもよく出てくるでゴザルな」
OL「ドラクエとかメガテンとかのメジャーどころから、マイナーなところまでいろいろね」
シャドウ「名前もD&Dと同じくいろいろあるね」
助っ人B「ブロブだとか、巨大アメーバだとか、ショゴスだとか」
ロボ「げーむぶっくノ『どらごんふぁんたじーしりーず』ニハ、這ウぜりートイウノガ登場スル」
ニンジャ「まんまスライムでゴザルな」
ロボ「ソノ亜種ト思シキもんすたーニハ、這ウ澱粉ダノ、這ウ小麦粉トイウノモ存在スル」
ニンジャ「そういう粉っぽいのになると、スライムとはちょっと違うように思えるでゴザルな」

| モンスター | 23:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
モンスター:スライム その5 〜分裂〜

OL「それにしても、スライム系は切ったり刺したりすると、分裂するのが厄介よね」
ニンジャ「その昔、飛び道具には鈍器がなかったのでゴザル。
   そのため、ウーズ以外のスライム系に飛び道具を使うと、徒に分裂させてしまったのでゴザル」
シャドウ「敵を仕留めるどころか増やしてしまうんじゃ、使えないね」
助っ人B「今はスローイングハンマーがあるから、その心配はありませんね」
ロボ「遠クノすらいむヲ、飛ビ道具デワザト分裂サセル手モアルゾ」
OL「わざわざ敵を増やす意味あるの?」
ロボ「近寄ッテキタラ、ばーにんぐはんずトカノ範囲系ヲ唱エレバ全滅スル。
   分裂したら、その分HPハ分ケラレルカラナ」
助っ人B「そういう方法もあるんですね」
ニンジャ「塊の氷よりも、細かく砕いた氷の方が、表面積が広いから溶けやすい、という訳でゴザルな」
ロボ「ソウイウ事ダ」

| モンスター | 23:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
モンスター:スライム その4 〜3匹〜
ロボ「実際ハ、イカナぐりーんすらいむデモ、岩石ハ食エナイ」
OL「そうよね。もし食べられるんだったら、ダンジョンが全部スライムになっちゃうもんね」
ニンジャ「原則、有機物しか食べないのでゴザルか」
シャドウ「石壁とかで隔てられれば安全ね」
ロボ「実ハ、ぐりーんすらいむ3匹デ壁ヲ壊ス事ガデキル」
助っ人B「え、本当ですか?」
ロボ「ソシテ、ぶらっくぷでぃんぐハ2匹デすとらいでぃんぐノ効果ガ得ラレル」
ニンジャ「それは、某60階の塔でゴザろう」
| モンスター | 23:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
モンスター:スライム その3 〜溶解の果て〜
OL「しかし、どんどん同化していくなんて怖いわよね」
シャドウ「ほんと、どんどん広がったら、世界が全部スライムになっちゃうんじゃない?」
ロボ「星新一ノしょーとしょーとニ、ソウイウノガアッタ。
   宇宙探検隊ガ、ぴんくノすらいむニ覆ワレタ惑星ヲ発見シ、隊員ガすらいむニ感染。
   地球間近デ宇宙船ヲ自爆サセルガ、結局地球ニ降リ注ガセル結果ニナッテシマウ」
ニンジャ「スライムに覆われた惑星でゴザルか……。
   惜しいでゴザル。黒かったら黒瑪瑙の城なんでゴザルが」
助っ人B「何ですか? それ」
ロボ「『魔界水滸伝』ノねたダナ。流石腐女子」
| モンスター | 23:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
モンスター:スライム その2 〜グリーンスライム〜
ロボ「ソレデモ、昔ノぐりーんすらいむヨリハマシダ」
助っ人B「どう違うのですか?」
ニンジャ「あ、知ってるでゴザル。単純に溶かされるだけでなく、同化されていくのでゴザル」
OL「うわ、凶悪」
シャドウ「つまり、溶かされた装備とかがそのままスライムになっていって……」
ロボ「ソウ、最終的ニハ全身ガすらいむニナッテイク。
   チナミニうーずナンカヨリ流体ダカラ、拭ッタリ剥ガソウトシテモ却ッテ付着・拡大スルダケダ」
ニンジャ「一応、火で焼くことはできるでゴザル」
ロボ「ソノ代ワリ、襲ワレテイル人間モ火傷スル」
助っ人B「嫌らしい事、この上ないですね」
ロボ「タダシ、きゅあでぃじーずデ消エル」
シャドウ「へえ、何でなの?」
ロボ「寄生生物≒病原体ト見ナシテ有効トカ、巨大細菌扱イダカラジャナイノカ?」
| モンスター | 23:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
モンスター:スライム その1 〜その影響〜
未だ休憩中

ニンジャ「(ウーズで溶けかけた武器を見て)それにしても、折角買った武器が酷いものでゴザルな」
ロボ「マッタクダ、うーずトカノすらいむ系もんすたーハ、コレガ厄介ダ」
OL「そういえば昔、師匠もスライムにお気に入りのローブを溶かされたってこぼしてたわね」
ニンジャ「拙者達も服に穴が開いているかもしれぬでゴザルな(自分の体を見回す)」
助っ人B「おや、シャドウさん。後ろ、パンツ丸見えですよ」
シャドウ「いっやーん。まいっちんぐ(大げさに後ろを手で隠す)」
ニンジャ「お主、普段ビキニ同然の姿で街中を歩いているでゴザろう」
| モンスター | 23:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
モンスター:悪魔 その3 〜その呼称〜

ロボ「サテ、一方ノでーもんダガ、コレハ異教ノ神々ガ起源ダ。
   チナミニでーもんノ名前ハ、ぎりしゃデ守護神ヲ意味スル『だいもん』ニ由来スル」
助っ人B「元はギリシャの神々なんですか?」
ロボ「だいもんハ神トハ言ッテモ、おりんぽすノ神々(イモータル)ヨリモズット弱イ存在デ、きりすと教デ言エバ、天使ニ相当スル」
OL「精霊くらいの意味合いね」
ロボ「マタ、だいもんガ語源トハ言ッテモ『めじゃーナ異教ノ存在』程度ノモノナンデ、ぎりしゃ以外ノ異教ノ存在モでーもんト呼ブ」
ニンジャ「吸血鬼を一番有名な『ドラキュラ』と呼ぶようなものでゴザルな」
ロボ「アト、旧約聖書=ゆだや教時代カラノ神ノ敵ガでびる、きりすと教以降ノ布教・拡大路線デ『間違ッタ宗教』トサレタ神々ガでーもん、トイウ見方モアル。
   ダカラ異教起源デモ、古参ナラでびる扱イサレタリスルヨウダ。
   ソレニシテモ、俺ガ解説シテタラぼけラレナイな。
   あすたろとヲねたニシテ折角ぼけテ、魔道都市ダノ、魔夜峰夫ダノ、幻超二ヲねたニシタカッタノニ」
ニンジャ「やっぱりネタをやりたいわけでゴザルか」

| モンスター | 23:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
モンスター:悪魔 その2 〜その由来〜

ロボの蘊蓄はまだ続く。

ロボ「今ノハ、悪魔ノ話ダケニ、アクマデD&D世界ノ話」
一同(ジト目でロボを見る)
ロボ「(咳払いをして)でーもんモでびるモ、ゴ存知ノヨウニきりすと教ノ神ノ敵ダ。
   でびるハD&Dト同ジク堕天使デ、さたん=るしふぁーニ従ッテ神ニ弓ヲ引イタ天使ダ」
OL「つまり、神側の離反者なわけね」
ロボ「ソウ、ダカラ神側ノ者(ゴッドサイダー)ト敵対スルノハ、『でもんさいだー』デハナク『でびるさいだー』ト言ウワケダ。
   (バックパックから、瓶を取り出し)喋リ過ギテ喉ガ乾イタナ(泡立つ液体をあおる)」
助っ人B「(小声で)ひょっとして、今飲んでるのって」
OL「スパークリングアップル……」
シャドウ「(OLを遮って)しっ、言うんじゃないよ」
ニンジャ「(小声で)そうでゴザル。こういうのは徹底スルーでゴザル」

| モンスター | 23:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
モンスター:悪魔 その1 〜その起源〜

未だ休憩中の雑談

シャドウ「ところで、今の話題でデーモンが出てきたけど、デビルとどう違うの?」
ニンジャ「どちらも、地底竜カイバーの血から生まれた魔族(フィーンド)でゴザルな」
助っ人B「ええと、たしかデーモンが混沌にして悪、デビルが秩序にして悪でしたっけ?」
ロボ「(INT特化Wiz)ソウ、魔族ノ内、秩序ガでびる、混沌ガでーもん。
   チナミニ、悪ニシテ中立ノ魔族モイル」
OL「ふーん。一口に悪魔とか魔族とかいっても、そういう違いがあるんだ」
ロボ「D&Dノ基本的ナ世界設定ダト、起源カラ違ウラシイ。
   世界ノ創造前、秩序カラ産マレタノガ神々デ、混沌カラ産マレタノガでーもん。
   神々ガ作ッタ下僕ノ内、でーもんトノ戦イノ中デ悪ニ染マッテ離反シタノガでびる」
シャドウ「堕天使=デビル、というわけか」
ロボ「ソウ。ソノ経緯ハ、大雑把ニ言ウト、コンナトコロラシイ。
   離反前ニでびるガ『秩序を守るには違反者ヘノ厳罰が必要』トシテ、地獄ヲ作ッタ」
助っ人B「納得の行く理屈ではありますね」
ロボ「神々ハ、天界ニ拷問部屋ヲ作ル事ヲ認メナカッタノデ、地獄ハ天界カラ離レテ作ラレタ。
   結果、でびるハ神々カラノえねるぎー供給ヲ受ケラレナイタメ、罪人ノ魂ヲ燃料ニスル事ヲ許サレタ。
   ソシテでびるハ人々ヲ堕落サセ、セッセト罪人ヲ作リ、燃料確保ニ励ンダ。ドットハライ」
OL「それって、本末転倒じゃない。
   罪人を出さないための地獄なのに、地獄のために罪人を作るなんて」
助っ人B「囮捜査で普通の人々をひっかけて、犯罪者を作るようなものですね」
ニンジャ「まさにマッチポンプでゴザルな」
シャドウ「いわゆる『三つの願い』なんかも、この為なわけね」
ロボ「コレニヨリ、でびるハ神々カラ離反シタワケダ」
ニンジャ「地獄自体が、そもそも離反の準備だったわけでゴザルな」
ロボ「絵ヲ児童ぽるのノ定義ニ含メテ、検挙数ノ拡大ニ利用シタリ、天下リ先トシテ違反カドウカノ審査機関ヲ作ッタリスルノト似テイル」
ニンジャ「結局、そっち方面に話を持っていくわけでゴザルか」

| モンスター | 23:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
モンスター:マインドフレイヤー その3 〜究極の美味〜

ロボ「トコロデ、まいんどふれいやーハ脳味噌ダケ食ッテ栄養ハ十分ナノカ?」
レディ「多分足りないはずよ? ただ、ファンタジーだから、その辺まともに考えちゃいけないでしょうけど」
ハーミット「脳みそを食うといえば、とあるホラー小説を思い出すね。
   主人公の美食家が、謎の料理人から猿の脳みそが一番うまいと聞く。
   その料理法ってのがすごくてね。猿を生きたまま開頭して脳を食べるんだ。
   ちなみに、猿には麻酔−−麻酔薬じゃ味に影響があるってんで針麻酔−−がされている。
   けれど猿は頭が良いから自分の境遇を理解して、その恐怖が一層味を高めるんだそうな」
レディ「ホラーってことは……あ、オチが読めたわ」

| モンスター | 00:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/3PAGES | >>